私のアトピー経歴 - アトピーのおはなし
FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私のアトピー経歴

はじめまして、私は今年40歳になります。
現在もアトピーで悩まされておりますが、同じような思いをされている方に、
少しでも参考にしていただければと思い、このブログをはじめました。

私よりも、もっと症状の悪い方もいらっしゃると思いますが、
私が20年以上にわたり続けてきたいろいろな治療や対策を話せていけたらと思います。

まず、初めに私のアトピー経歴を話したいと思います。

小学生のころは、小児喘息で何度も入退院を繰り返すほどの、喘息の認定患者でした。
小児喘息ということで、中学3年生のころに急激に良くなり、マラソン大会で10位以内
に入るくらいまで完治しました。中学2年まではマラソン大会 棄権でした。

その頃は喘息対策で、すでにホコリやダニというものを、遠ざける生活をしていました。

いつから正確にアトピー性皮膚炎になったのかは、はっきりとは思い出せませんが、
小学生のころに耳たぶの下が切れて黄色い汁が出ていたのを覚えています。
子供が点滴を打つときに板に腕を固定する際に、止めるテープでも肌がすぐに
荒れてしまって看護婦さんを悩ませていたのを覚えているので、その頃すでに
肌が弱かったのだと思います。

なんとなく覚えているのが、膝の裏側が荒れて祖母が薬局で買ってきてくれた、フルコートを
塗っていたのを覚えています。
その後、悩まされるステロイド薬だとは知らずに。

高校生になるころから、少しづつ症状が悪くなったと思います。
市病院の皮膚科でステロイド薬をもらってきては塗っていたのを覚えています。
リンデロンを塗っていました。

大学に入るころからひどくなりステロイド薬の量が増え、リバウンドが始まりました。
大学2年の頃には、症状が悪化し、いろいろ調べてたどり着いたのが、
脱ステロイドです。名古屋に有名な脱ステの権威の様な先生がおられ、
そこで、大学を休学し脱ステロイドを開始、私の場合半年くらいでリバウンドは
落ち着きました。 顔や額がグジュグジュになるので、丸坊主にしたのを覚えています。

脱ステのその後は、時期により悪くなったり良くなったり、完治するということはありません。
そして、自分の肌の調子のいい時間を長くできるように、試行錯誤して現在に至ります。

乾燥・敏感・デリケートな子供の悩みにアトケアプロ








スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。